カゼハドコカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アトリエMai 製作進行状況

mai0624 (1)

「アトリエMai 製作進行状況」

と言っても床はどうにか水平に。
後は塗るだけです。
壁も床も天井も白にしました。
北海道の文化は「白は汚れる」
白い住宅が驚くほど少ない土地柄です。
「初めはきれいだけどね」
実に寂しい発想で・・・
花は咲いて枯れるもの。
人も生まれて死ぬもの。
滅びる前に美しい時期、楽しい人生があります。

アトリエに無駄な装飾は全く必要ありません。
「アトリエ」と名の付く流行の物販店は多く存在します。
いつの時代にも雑誌で取り上げる海外の「素敵なアトリエ」
どう見ても何か作っている様子はなかったりします。
彼女が必要とするのは本来の意味「工房」
古い建物なので、電力会社との契約アンペア数が低く照明器具の強化は無理です。
1階のモンキーバーが営業中ですから分電盤や配線の交換も出来ません。
電力会社の工事となればハーレーズ・カフェもお休みしなければいけません。
その間メトロノームの「PHILCO」も観られなくなります(音しか出ていなかったっけ?)。
苗穂三軒長屋全体がお休みしなければなりません。
だから白。
蛍光灯1本でこの明るさと平和です。

でも、近くで見ると結構ムラがあります。
白は透けるので3~4回、重ねて塗らなければいけません。
或いは下色に黄色等の違う塗料を使うか。
北海道の住宅に「白」が少ない本当の理由。
それは「手間と材料費がグレーや茶色よりも掛るから」です。
話が進むにつれて、やたら現実的なお話になりました。

Fundraising.jpgsp10.jpgPerson-Finderw.jpg
  1. 2011/06/25(土) 02:11:16|
  2. マイノシゴト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<New weapon | ホーム | アトリエMai>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abehideaki.blog87.fc2.com/tb.php/262-92a69ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。