カゼハドコカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Stuffed cabbage

mai623 (1)

「Stuffed cabbage」

つまり「ロールキャベツ」
知る人ぞ知る札幌二条市場の「あのお肉屋さん」
そこに美味しいソーセージがあったので作ってみました。
作ったのはもちろん「佐藤舞」
試食がLotのお仕事です。
以前、ある有名イタリアンの経営母体に勤めておりました。
もちろんお昼は毎日パスタ。
賄は見習いの娘が作ります。
結果的には、その娘の作るパスタが一番美味しくなりました。
しかし、それまではいろいろと恐ろしい事もありまして・・・
食うのが身内ですから、いろいろと試される訳です。
「佐藤舞」のロールキャベツは美味しかったですね。
彼女の料理試食には不安もなく度胸も要りません。
実に平和な「作ってみた」です。

Fundraising.jpgsp10b.jpg
  1. 2011/06/23(木) 20:07:31|
  2. ツレヅレナニッキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<アトリエMai | ホーム | 2011 第66回 全道展>>

コメント

いつでも

こんにちわ~
試食がお仕事…なんてまあ羨ましい!
いえ、職業としてではなく「ジブンで作らずに」という意味で。既知の事実や先入観なしで楽しんでみたいですよ、いろいろと。
だって自作では全てネタバレしてますから(笑)
  1. 2011/06/24(金) 15:33:37 |
  2. URL |
  3. Art-Foods #-
  4. [ 編集 ]

全メニュー制覇!

Art-Foodsさん...なんか?あらたまって言うと体中がかゆいです。
舞シェフの料理を食べに近々行きたいと思いますv-271

芸術家で料理も旨い&上手い最高ですねぇ~私の姪っ子に爪の垢でも
飲ましてやりたい...上の子はなんとか「もりもと」の正社員で今年から
頑張っておりますが、下の子は花の15歳遊びまくっているらしいですv-12
  1. 2011/06/24(金) 15:45:03 |
  2. URL |
  3. かぶちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Artist

かぶちゃん… そー言われるとコッチも鳥肌が(笑)
姪っ子さんがパティシエのタマゴさんならぜひ佐藤舞さんのスペースに一緒に連れて行くべきです。
料理(菓子も含めて)って絵画や彫刻と一緒でArtですから、きっとインスパイアされるものがあると思いますよ。
きっと彫刻家のシェフからも大いにフォースを感じてくれるのではないでしょうか。

Lotさま、伝言板がわりに使って申し訳ありませんノ(´д`*)
  1. 2011/06/24(金) 16:38:11 |
  2. URL |
  3. Art-Foods #-
  4. [ 編集 ]

Re: いつでも

基本「家庭料理」の延長。
だから他所の家では「あかん」かも知れません。
そのレベルの味見です。

では「あかん」かったらどうするか?
はい。
実はどうにも出来ません。
マンマのパスタ以外は食べられないのと同じ。
手はありません。

先日、Lotの友人が来ました。
全てに一言述べたい善良且つ典型的な一市民です。
カレーを食して一言「何かが足りない」
全く無責任な意見ですが、では何が足りないのか?

L:クミン?
F:いや
L:クローブとか?
F:いや
L:ターメリックの替わりに生姜を足してみようか?
F:いや、ちがう。
L:じゃ、何?

F:・・・多分、カレー粉が足りない。

つまり「ちがう」のではなく言葉が解らなかった。
そして彼は翌日のインスタントカレーが好きだった・・・
各々家庭の味です。
その素っ頓狂を否定する事は出来ません。

  1. 2011/06/24(金) 19:04:31 |
  2. URL |
  3. Lot #-
  4. [ 編集 ]

Re: 全メニュー制覇!

以前にちょいと名のあったイタリアンの経営母体に勤務しておりました。
現シェフが独立することになり、新たなシェフを迎える事になりまして・・・
やって来たのは北イタリアで8年修行し、ソムリエの資格(イタリアでの)も持つ男。
しかし、1つの土地に長かったせいか味のクセが強く、そして誇りも高く・・・
「私が長くいたトスカーナでは歴史的に味はこんなです」
つまり、日本人には馴染めない味と知らない文化を貫こうとするのですね。

彼の強固な姿勢を変えたのはLotと同格の別部門長スタッフの一言。
休日に、彼が両親と姪を呼んで4人でお食事会をしたシメの言葉。

「シェフ。
 ありがとうございます。
 今日のシェフの料理は素晴らしかった。
 何と言うか・・・
 シェフが私達を楽しませてくれようとする・・・
 その気持ちが料理を通して伝わり、とても嬉しかった」

彼の姪は事情があって中学辺りから祖父母の手で育てられました。
確か、その日は彼女の高校卒業記念のささやかな食事会だったと思います。
でも、その事情はLotしか知らなかった気もして・・・いろいろと想像出来ます。
  1. 2011/06/25(土) 00:11:53 |
  2. URL |
  3. Lot #-
  4. [ 編集 ]

Re: Artist

伝言板OKです。
コメントでブログを書いても構いません。

で・なるほど、 パティシエのタマゴ・・・
でも、パティシエのタマゴは何かのきっかけですぐに孵化します。
絶対にキャリアじゃありません。

当方が在籍していた会社の経営するトラットリア。
コンサドーレ札幌在任中の「岡田武史氏」が「試合に勝ったら家族と食事をしていたお店」
ご存知でしょうか?知る人ぞ知るお店です。今はもうありません。
岡田氏は家族思いで食い物の味が解る、心豊かで愉快な素晴らしい人でした。
ちなみに、試合に勝たずに来店されたのは。「名古屋グランパスとの引き分け」唯一度。
アレは良い試合でした・・・

あ・本題です。
そんな岡田家お食事会のドルチェ担当は「当時20歳の小娘」でした。
つまり、根拠のある無責任な励ましの言葉ではありません。
  1. 2011/06/25(土) 01:16:59 |
  2. URL |
  3. Lot #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abehideaki.blog87.fc2.com/tb.php/260-7d723594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。