カゼハドコカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Dual nature

コピー ~ DCIM0120

「Dual nature」

このところ自身の趣味に走りがち「Mr.Joe」
タダのすけべおやじです。
でも角煮カレーは美味いですね・・・
味と人間性は無関係の様です。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=509549955766517&set=a.432135966841250.111406.423010941087086&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=546724502050592&set=a.508115299244846.1073741826.282585505131161&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=286221754857558&set=a.149592741853794.51266.146763125470089&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=506593109395535&set=a.506592919395554.1073741910.423010941087086&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=260530717426662&set=a.149592741853794.51266.146763125470089&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=438177112903802&set=a.438175849570595.112476.423010941087086&type=1&theater

Fundraising.jpgsp10.jpgPerson-Finderw.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/06/22(土) 16:23:59|
  2. ツレヅレナニッキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Soup curry deer meat

鹿肉67

「Soup curry deer meat」

噂の「鹿肉スープカレー」
もちろん一部地域社会においてですが・・・
それにしても鹿肉は美味いっす。
役人はPRが下手くそでいけません。

飲食店のみなさん。
鹿肉は本来、高価な食材。
流通経路は既に確立されています。
「耳寄りな話」
そんなのは概ね半ヤクザ屋さんの思いつき。
殆どの良品は首都圏に流れていきます。
注意しましょう。

https://www.facebook.com/joe.takeuchi
https://www.facebook.com/kitaentei
http://www.stickam.jp/video/181800802
http://www.youtube.com/watch?v=TuwFkC1BSKo

Fundraising.jpgsp10.jpgPerson-Finderw.jpg
  1. 2013/06/08(土) 19:46:49|
  2. ツレヅレナニッキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

噂のCutlet stingy

KK69B.jpg

「噂のCutlet stingy」

つまり「けちカツ」
もともとトンカツは厚ければ美味い訳ではありません。
だからと言って薄いと美味いか?と問われれば「さぁ?」

初めて食べましたがデカ過ぎて参りました。
面積勝負と侮ると、えらい目みます。
ピーマンと玉ねぎの不思議な炒めものはその日の試食。
おまけです。
決して店は「ケチ」ではありません。

https://www.facebook.com/kitaentei
https://www.facebook.com/joe.takeuchi
http://www.stickam.jp/video/181800802
http://www.youtube.com/watch?v=TuwFkC1BSKo

Fundraising.jpgsp10.jpgPerson-Finderw.jpg
  1. 2013/06/08(土) 19:15:18|
  2. ツレヅレナニッキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。